×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

北洋海軍 巡洋艦 超勇

The Imperial Chinese Navy ChaoYung
敵味方に分かれた姉妹


 <キット解説>
 SModel 「超勇・揚威」

 <実艦解説>
 「超勇」は1881年7月に姉妹艦「揚威」と共にイギリスのCharles Mitchell's Shipyardで竣工しました。ちなみに、ほぼ同型の「筑紫」が1882年に日本に引き渡され、日清戦争では敵味方に分かれることになります。
 「超勇」は、防護巡洋艦への過渡期の艦で、舷側に3/8インチの装甲を持ち、前後に25口径25.4cm単装砲を装備しています。
 1904年9月16日の黄海海戦では、単横陣をとった清国艦隊の最右翼に「揚威」とともに位置。単縦陣で前を横切る日本艦隊の集中射撃をうけ炎上。海戦開始30分後に沈みました。

 

 <模型解説>
 SModelからでたキットを、素組みで一気に作りました。
 写真では見えにくいですが、前後のトーチカのような構造物の中にある25.4cm砲やマストが真鍮製です。エッチングパーツが標準装備で2隻1組ということもあり、お得感のあるキットです。
 今回は、黄海海戦前の1881年ころの華やかな仕上げにしてみました。艦体はジャーマングレー、上部はホワイト。煙突・マストは、カーキでくすませたクレオス113です。
 2隻セットなので、もう1隻は日本海軍の「筑紫」にでもしてみたいところです。

■「超勇」「定遠」「済遠」
 1/700で北洋水師艦艇が続々と揃う時代になるとは。艦艇の発達過程にある時代の艦なので、艦艇史的にも面白いです。



















 ■要目(1943年)
 ■排水量:1,380t(基)
 ■全長:64m
 ■全幅:9.75m
 ■出力:2800馬力
 ■最大速力:16.5ノット
 ■武装:25口径25.4cm単装砲2基、20口径12cm単装砲4基

 艦艇泊地へ戻る。