×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

対潜警備艦 クリヴァクT級

USSR krivakTclass
赤い国の重装備の対潜ハンター


 <使用キット>
 PT社 ソビエトミサイル駆逐艦クリヴァクT(SWシリーズ)

 <実艦解説>
 クリヴァクT級はNATOのコード名で、ソ連では1135型対潜警備艦と呼ばれ、一番は1971年に就役しました。同時期に建造された1134A(クレスタII型)、1134B(カーラ型)といった大型対潜艦(ミサイル巡洋艦)と「ハイローミックス」で運用する事を前提にされたため、対艦ミサイルは搭載していないのが特徴です。ソ連艦艇にしてはすっきりした外見から、西側では「ハンサム・クラス」とも呼ばれました。
 クリヴァクT級は、艦前部のURPK-4「メチェーリ」/対潜ミサイル4連装発射機1基が主武装です。艦の前後に4K33M「オサーM」個艦防空用ミサイル連装発射機を1基ずつ、艦橋前にRBU-6000「スメルチ」対潜ロケット12連装発射機を2基、艦中央部両舷に533mm4連装魚雷発射管を1基ずつ、艦後部に76mm連装砲2基を背負い式に配置するという重武装です。し艦尾には曳航式ソナーを搭載し、対潜探知能力が従来艦より向上しました。艦首にも対潜ソナーを備えているため、艦首は鋭く前に出ています。
 クリヴァクI級は21隻建造されましたが、現在、ロシア海軍籍に留まっているのは2隻だけです。
 すなわち、ラドヌイ(1980年就役、黒海艦隊、艦番号801)と、ピルキィ(1978年就役、バルト艦隊、艦番号702)です。

 <模型解説>
 ソブレメンヌイ級は、中国海軍Verで作ったので純粋なソ連艦も作りたいと思い製作しました。
 キットは、ほぼ絶版で、SW時代の物を中古で入手しました。
 船体と船底のすり合わせ、舷窓開け、艦首部の隙間のパテ埋め以外は素組みです。
 ウリヴァク級自体の写真の手持ちが少ないので、他艦などを参考に塗りました。PT社のロシア海軍カラーと艦底色です。一応ソ連艦時代を想定していますが、資料を詳しく調べていないので正確に再現したとは思っていません。
 ちなみに艦番号702のピルキィは、現在はレーダーや武装がソ連艦時代とは異なっているようです。

 ■前後方より
 中央にかけてなだらかに高くなる構造物は、バランスがとれています。さすが、「ハンサム・クラス」です。
 後部に背負い式に配置された、76ミリ砲は目を引きます。
 こういう砲の配置は、日本海軍の駆逐艦やドイツの軽巡を彷彿とさせます。
                                                                                                                    

 ■クリヴァクT改(架空艦)
 URPK-4「メチェーリ」/対潜ミサイル4連装発射機を撤去し、前後部に100ミリ単装砲を装備して砲戦力を強化した艦です。
 二艦セットのキットなので、当初から遊ぶ予定で、クリヴァクV型にしようかとも思っていました。が、ヘリ格納庫の製作が面倒で、こうなりました。
 ゲーム「ガンパレード・マーチ」や「マブラブ・オルタネィティブ」のように、中小型の怪獣が出没する世界なら、地上支援艦として、こういう改造もありえるかと。
 祖国を奪われ、脱出後に火力支援艦として有り合わせの装備で改装。新鋭の外国艦の中で、ロートルの気概を見せるとか燃えませんか?
 組み立ては、対潜ミサイル管制室や、曳航ソナーを撤去して100ミリ単装砲を装備しただけです。舷窓が無いのは、ダメコン対策です。(開け忘れただけともいいます。)
 塗装は、PT社のロシア海軍カラーです。
                                                                                                                    

 ■比較
 ほぼ世代の海自の対潜護衛艦「なつぐも」と比較すると、クリヴァクT級の重武装ぶりが、際立っています。
                                                                                                                    

 ■要目(クリヴァクT級、竣工時)
 ■排水量:3,100t(基)
 ■全長:123.5m
 ■全幅:14m
 ■出力:13,7200馬力
 ■最大速力:32ノット
 ■武装:URPK-4「メチェーリ」/対潜ミサイル4連装発射機1基、4K33M「オサーM」個艦防空用ミサイル連装発射機2基ずつ、RBU-6000「スメルチ」対潜ロケット12連装発射機2基、533mm4連装魚雷発射管2基ずつ、76mm連装砲2基

 艦艇泊地へ戻る。