×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

護衛艦 なつぐも

JMSDF Natsugumo
鋭い牙を持つ対潜キラー


 <使用キット>
 PT社 DD116みねぐも

 <実艦解説>
 「やまぐも」型の3年後に建造された対潜用護衛艦です。「やまぐも」型が艦中央にアスロック発射機を搭載したのに対し、当クラスはアスロック発射機の代わりに無人対潜ヘリ「ダッシュ」を2機搭載。後部に格納庫および発着甲板を装備しています。
 しかし、「ダッシュ」無人ヘリは米国で事故が多発し生産中止。このため、運用に自信があった海自も部品不足により「ダッシュ」を廃止。関係装備はアスロック発射機へ換装されることになり、1981年に実施されました。ヘリ格納庫はアスロック弾庫になり、アスロック弾体を直接発射機に装填可能になりました。
 対潜能力を重視した艦のため、対空、対艦装備は3インチ連装砲のみとやや貧弱です。
 「なつぐも」は、1999年に老朽化のため退役しました。

■前方より
 対潜ソナーのために、鋭く突き出た艦首が特徴の艦容。俊敏そうなイメージを受けます。
 実際は28ノット程しかでませんが、30ノット以上の高速を発揮しそうな雰囲気はあります。
















■後方より
 アスロックを直接装填する機構は、帝国海軍の駆逐艦の次発装填装置を思わせます。作動する所は見たことは無いのですが、アニメ「タクティカル・ロア」に出てくる護衛艦「パスカル・メイジ」のミサイル装填機構に近いのでは、と勝手に想像してます。













 <模型解説>
 俊敏そうな外見と、大戦中の駆逐艦に近い可愛らしいサイズ(笑)にひかれて購入。
 塗装は、PT社の海自グレーが妙に青みを帯びていて嫌なため、ニュートラルグレーを調色して塗装。
 別パーツの艦尾のすり合わせをしっかり行う点だけ注意すれば、PT社らしい精密な艦容になります。

■「杭州」との比較
 なんだか、親子みたいに似た感じがしませんか?設計だけなら、ほぼ同世代ですし。











 ■要目
 ■排水量:2,100t(基)
 ■全長:114.0m
 ■全幅: 11.8m
 ■出力:26,500馬力
 ■最大速力:28.0kt
 ■乗員定数:220名
 ■武装:50口径76mm連装速射砲2基、ボフォース対潜ロケット発射機1基、短魚雷3連装発射管2基、アスロック発射機1基

 艦艇泊地へ戻る。