×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

巡洋戦艦 フェイト

H.M.S Fate
凛と輝く‘巡洋艦狩り’のプロフェッショナル


 <使用キット>
 T社シャルンホルスト
 T社ミズーリ他

 <設定>
 本艦は、オランダ巡洋戦艦「デ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン」の後身である。
 東インド防衛用に、日本重巡洋艦を圧倒する目的でアメリカに発注されて建造された。「プロジェクトF」と称され、米独伊蘭の造船技術の粋を集めた本艦は、後の大型艦に大きな影響を与えた。
 1942年に発生した、蘭領東インド政府総督代理の暴走による「プレシア事件」で大破。
 日本国内で修理・改装後に英国巡洋戦艦「フェイト」として、自由英国艦隊に編入される。
 本国失陥後に、艦艇不足に悩んだ英国に重宝される事になる。
 英国編入後は、インド洋で活動し、通商破壊部隊「ヴォルケン戦隊」と熾烈な交戦を繰り広げる事になる。特に重巡「フェリクス・シュルツ/シグナム」とは、宿命の関係にあった。

  詳細な設定は、「名前をよんで」〜とある巡洋戦艦の寓話〜前説へ。

 <模型解説>
 掲示板でのみそろく様との会話がヒントとなり、建造を開始しました。
 モデルとしたオランダの1939年計画案の巡洋戦艦も、独のシャルンホルストに似たデザインだった事から、母体はシャルンホルストに決定。
 中央構造物を撤去した後に、幅が近いミズーリの中央構造物を接着。隙間と舷窓の一部をパテ埋め。
 いつものように組み立てをしながら、細部を煮詰めました。
 主砲はPT社の武装セット、二番煙突はA社ワシントンから流用した他、英国戦艦のパーツを色々使いました。
 塗装は、英国艦の塗装がよく分からず、近似の明灰白色をメインに使用しました。
 軽い思いつきで作ったわりに、俊敏なイメージの高速艦に仕上がったように思います。

 艦名と艦歴の元ネタは、いつものようにアニメ「リルカルなのは」のフェイトから。(笑

   

   





 ■ワシントンとの比較
 今回、2番煙突を「フェイト」に取られたA社ワシントン。
 廃棄にするも可哀相なので、ミズーリの1番煙突を付けて完成させました。
 何もいじってないため、アップは辛いですが背景にするなら、それなりにカッコいいです(苦笑

























 ■要目
 ■排水量:37,800t(基)
 ■全長:235.0m)
 ■全幅:30.0m
 ■出力:180,000馬力
 ■最大速力:33ノット
 ■搭載機:2機
 ■武装:42口径38p連装砲3基、50口径13.3p連装砲8基、45口径2pdrポンポン砲8連装12基、多連装5p対空ロケットランチャー2基、20o連装機銃2基、同単装26基

艦艇泊地へ戻る。